NikonユーザーはD850を買わねばならないぞ

昨日、いつも通りFeedlyでカメラ、写真関連のフィードを眺めていたところ、毎年恒例のデジカメWatchの「私はこれを買いました」が目に入りました。著名なカメラマン、フォトグラファーが今年一年で買った機材で一番よかったのを紹介するコーナーです。これを見ると今年も年末だなあと多くのカメラ愛好家は感じざるをえなくなるわけです。その中に、茂手木秀行さんの記事がありました。茂手木さんの文章はいつもわかりやすく、しかも少しマニアックなポイントも掴んでいて、読んでいて知識がひとつプラスされるような、茂手木さんが書いているというだけで記事内容はどんなものであれクリックして続きを読もうと思える、ライティングの理想のような、文章をだらだらと長く書いてしまう僕も多くを見習うべき、大変よい文章を書かれるカメラマンです。

その茂手木さんがタイトルと冒頭の文章でこのように書いています。

D850を買うのはニコンユーザーとして当然である。

見た瞬間、全身に電流が走りました。僕は、名言が生まれた瞬間を感じたのです。D850のカタログに載せるべきキャッチコピーですよ。「I AM NIKON」よりもカタログの表紙には「D850を買うのはニコンユーザーとして当然である。」と大きくデザインしたほうが売れると思います。

NikonユーザーはD850を買わねばならない。僕はD850を発売早々に買い、メイン機として使ってきました。僕もNikonユーザーはD850を買わねばならないという意見に大賛成です。ここまでの使用感を踏まえて、なぜ買いか、書こうと思います。

安い

いや、値段的には安くはないんですけど。4500万画素、秒7コマの連写。カメラとしての造りが上級。これだけのスペックで30万円台。お見合いで例えるなら年収1000万円、美形、性格よい、3拍子揃った感じです。お見合いでそれだけの相手であればむしろ遠慮してしまいそうなところ、D850はカメラなのでカネさえ出せば手に入ります。4500万画素のD850はAPS-Cにクロップしても2000万画素ほどあり、まるでD500が中に詰まっているようなカメラです。

Nikonではこれよりランクの上のカメラはフラグシップ機のD5しかありません。上から2番目のクラスのカメラが35万円ほど(2017年末現在)。カメラの造りも当然よい。コスパがよいです。ちなみに秒9コマの連写も可能になるバッテリーパックはなんだかんだでさらに10万円ほどかかります。僕は買いましたが。縦グリ使うと一日中撮りまくってもバッテリーが余裕なのがいいですね。動画もバッテリー気にせず長時間撮れそうです。

完成された一眼レフ

何度か書きましたが、ミラーレスカメラが台頭してきている昨今、このD850の光学ファインダーは「やっぱ一眼レフはいいよなあ」と思わせてくれるよい見えです。これは決してマニアックな話ではなく、他の一眼レフのファインダーを覗いてもらった後にD850のファインダーを覗けばカメラに全く興味がない人にでも違いがわかるレベルです。甘美なシャッター音にも飽きがきません。もっとシャッターを切りたくなります。こんないいカメラだして、Nikonは後継機種をどうするおつもりなのでしょうか。10年後も使えるカメラだと思います。「お、D850じゃん。まだ使ってるの?いいカメラだよねぇ」と言って貰えます。言って貰ったからといってどうということはないですけども、ずっと愛用できるカメラです。女性雑誌風に名づけるならば「愛されカメラ」です。

動画もいける

D850は写真のみならず、動画も強いです。logやRAWには対応していませんが、4K UHDをオーバーサンプリングで撮影できます。D850の素晴らしいところはAPS-Cサイズにクロップしても4Kで撮影できることです。つまり、同じレンズでも画質を損なうことなく(厳密に見れば違いはありうるが、わからないレベル)画角を使い分けて撮影できるのです。例えば35mmの単焦点レンズは35mmでも約50mmと2種類の画角で4K動画を撮ることができます。動画以外でも、ライムラプス、スローモーション、静音撮影、深度合成など、カメラとして完成された機能が詰まっています。

他のメーカーのユーザーも買うべきか

以上のことからNikonユーザーはD850を買うべき事実を再確認できたと言えますが、果たして他メーカーのカメラを使っているユーザーもD850を買うべきでしょうか。当たり前のことですが、D850を買っただけでは写真が撮れません。交換レンズを一通り揃える必要があります。Nikonユーザーの場合、レンズを持っているのが前提なのでD850を買えば写真が撮れます。他メーカーユーザーがD850を買う場合、Nikonのレンズを新たに買い揃えなければなりません。資金が潤沢にあればそうしてもいいのですが、なかなかそうもいかないのが現実。ただ、それを天秤にかけてもD850のほうが機能的にメリットがあるユーザーであれば乗り換えのいいきっかけになるカメラだと思います。ライバルはCANONの5D Mark4、5Ds R、SONYだとα7R 3あたりでしょうか。ストレートな対抗馬ではないですが、富士フィルムだとGFX 50S、PENTAXだとK-1が比較対象になりえます。Panasonicやオリンパスは画素数やセンサーサイズの面であまり比較できるモデルがないように思えますが、それら諸々のカメラと比較しても勝るとも劣らないカメラなのがD850です。

他メーカーのユーザーですら乗り換えすべきかもしれないカメラ、Nikonのユーザーならなおさら買うのが当然。発売当初からほぼ値下がりがないように見えるD850。早く買ったほうが長く使えるのでお得ですよ。最後にもう一度。ご唱和ください。

D850を買うのはニコンユーザーとして当然である。

2017-12-21 | カテゴリー カメラ | タグ

スポンサーリンク