Phantom型ドローンの功績

ドローンドローンとワクテカしてた時代はひとつ過ぎ、ドローンが少しずつ普及してきて、それでいて盛り上がってるのは専門分野だけであったり、また現状の発展の限界も見えてきたり、間違いなく2ー3年前とは違う雰囲気なのは業界に関わる人であればわかっているはず。あと盛り上がりが落ち着くとともに写真と映像の知識ないのに空撮やりますって自称プロはそろそろ破滅する頃でしょうか。

ドローンと言えばこのシルエット。最も有名なかつ、おそらく最も事故を起こしたであろう有名なPhantomシリーズ。僕の愛機もこれです。そして、これが今終わろうとしています。

DJIのサイトで『Phantom 4 Pro』のページを見ると『Mavic 2Pro』を勧められます。いや、わかります。Mavic 2 Pro、小型なのにPhantom 4 Proと同じサイズのセンサーとスペックですもんね。しかもバッテリーは約半額。でも、せめて『Phantom 4 Pro V2』(マイナーバージョンアップ)を勧めてもいいじゃないですか。なんでここでMavic!

邪推すれば、今後、空撮ドローンの主要の形はMavicタイプになりますよってことなんでしょうね。うん、僕も今、このくらいのスペックのドローン何買えばいいか相談されたらMavic 2 Pro勧めますね。間違いなくPhantom 4 Pro V2ではない。何が好きでこんな重いドローンを持ち運ばなければならんのだ、って話です。軽けりゃ軽いほどいいに決まってます。画質ほぼ一緒だし、バッテリーは半額だし。

phantom4pro

それでいて、やはりドローンをここまで普及させてきたPhantomってのは改めてすごいドローンだな、と思いますよ。Mavic2がZガンダムとすればPhantomは初代ガンダムです。ここであえてMavic 2 PROよりPhantom 4 Proのほうが優れていることを挙げれば以下の点でしょうか。

大きいので目視しやすい

小型のメリットは小型のデメリットでもある。そんなもの。神経質な性格をよく言えば細かいところにも目が配れる。そんな感じです。Phantomは白いので見にくいとかいうやつは僕みたいにシール貼るといいですよ。それに、森の中とかだと白いほうが目立ちます。

若干風に強い

ドローンが大型であるということはバッテリーも強力だということ。つまりプロペラから生まれる風が強いわけです。その分、強風にも強いことになります。具体的にどれだけ強いのかって言うと、多分、僅かです。

牽引能力が高い

↑と同じですが、ドローンのパワーがあるので、モノを比較的、牽引できる余裕があるわけです。あくまでMavicに比べてですが。Phantomはその証拠にサードパーティのLEDライトだったり、救命道具だったり、パラシュートだったり、探せば意外に充実しています。ただし、400gくらいが限界です。また、飛行時間が急激に減ります。30分くらい持つバッテリーが7分くらいしか持たなかったりします。機体が重くなるので風にも弱くなります。法的にはモノを吊るすわけなので、通常の飛行許可とは別の許可が必要になります。

とはいえ上記メリットはあえて言うなら、くらいです。あと10年?あるいは早ければ5年ほどしたら、「あんな旧型、まだ動くんだ」と、まるでユニコーンガンダムに出てくるMSを観たガンダムファンのように、Phantomは見られるようになるのかもしれません。。。いや、個人的にはバリバリまだ使い倒しますけどね!バッテリーたくさん持ってますし。

2019-04-08 | カテゴリー ドローン | タグ

関連コンテンツ

スポンサーリンク