わたしはポストになりたい

写真かくあるべし、というような写真論も嫌いではありませんが(むしろ読み聴きする分には好きです)、この場でそういうのを書くのもどうも違う気がします。他の人を批判するのではなく、僕に限ってです。なぜなら、写真でふと思ったことがあって、それをブログにでも書こうか、と思いついたときに思考が停止したからです。思考メモとして残すのはわかりますが、そういうことならとりあえずは手書きのほうが自分には合うように思ったのです。キーボードを打つことは文章を書くことですが、手書きには思考の要素がより多く含まれています(何度も言うように、僕の場合です)。ディスプレイをノートのように扱えたらそれはいいだろうなぁと思えるのですが、そういう感覚にはなれません。タッチパネルにしろ、ということではありません。
それじゃ、ここでは何について書くか、と続いて疑問です。写真について書かないとしたらカメラについて書くしかないですね。ウソです。結局、専門用語がわからない人にはわからないようなものにはしたくない、という気持ちもあるのですね。僕がここで何か書こうと思う場合は。なので、わかりやすく、料理についてでも書きましょう。今夜はレバニラを作りました。まあまあ美味しくできました。
あと、写真を撮る人に限らず、何かを作ってる人ってのはあるインタビューと別のインタビューで矛盾してるようなことを平気でいうよな、ってずっと思ってます。

2012-07-26 | カテゴリー 考えごと | タグ