写真共有に一番よいサービスはNikonのやつだ

写真-2014-09-22-22-23-59

写真を撮った後のお話です。仕事でステキな写真を撮った後は納品が待っております。また、プライベートで楽しい写真を撮った後は一緒に遊んだ友人らと写真を分け合いたいですね。昔であればサービス判を焼いて焼き増し注文を承っていた諸子も、デジタル化の現在ではデータで受け渡しをいそしんでいることかと思われます。しかも現代日本はスピード重視のクラウドな社会。クライアントとは現場でしか会わず、webサービスなどで納品を済ませるカメラマンも少なくありません。時代の流れに沿うように写真共有のwebサービスも群雄割拠の様相を極めております。しかし、やはり使い勝手などでじっくりと各サービスを比較するとそこに優劣の差は生じてきます。そこで、今回は僕が色々使ってみた結果、最もよかったサービスを紹介したいと思います、とここまで前振りなのですが、タイトルにもあるようにNikonのが一番でした。正式サービスは「NIKON IMAGE SPACE」。これがクライアントにも好評でしたし、僕自身も使ってみていいな、と思う一番のものです。写真はiPhone版での画面です。もちろん、自分がユーザー登録していれば共有相手はアカウントを持っている必要はないどころか、Nikonのカメラを持っていなくともよいのです。

写真-2014-09-22-22-21-50

なぜいいかはいくつか理由があるのですが、一番は動作が軽いことです。これが他のサービスを引き離して一番である最も大きい理由です。では、なぜ軽いかということですが、以前、このサービスが始まった年のCP+でNikonの人に直接聞く事ができました。いわく、PCブラウザやスマートフォン、タブレットなど、それぞれに必要な解像度に写真のサイズを変えて表示させているからだそうです。だから、3G回線で、大量の写真アルバムでも写真がなかなかの速度で表示されるのが速かったりします。他の写真専用以外の共有サービスだと、大きいサイズの写真はそのままのサイズで表示されるのでスマートフォンで写真を表示しようとすると一枚見るのに大変な通信を行ったりします。これは大量の写真を共有するのにかなりデメリットです。他のサービスとしてCanonにも同様のものがありますが、Nikonのほうがいいです。Nikonのほうが操作性がよく、かつ、かっこいいからです。NikonのほうがこうしたサービスでCanonよりかっこいいのはなかなか稀なことです。「NIKON IMAGE SPACE」の他のいくつかのよいところとさらに望む点を箇条書きで下に書いてまとめます。

良い点

  • 共有の際のパスワード設定、ダウンロードの有無、ダウンロード画像サイズの指定、SNSへの直接投稿など、写真共有として基本的な機能が備わっている。
  • アルバム内でも個別の写真に共有設定ができる。
  • 繰り返しになるが、UIがかっこよい

こうしたらもっとよくなるのに点

  • Dropboxなどのように、ローカルフォルダと同期できるとアップロードが楽。
  • アルバムを共有した相手が写真を追加できるとよい。特にイベントの写真をみんなで共有するのに理想的。(こうした目的に特化したwebサービスもあるが、イマイチどれも使い勝手が悪い。)
  • 共有したユーザーがレーティングやコメントなどをつけられるとSNS的で面白い。(個人的にはまだ必要に駆られてはいないが、今後、クライアントが写真セレクトを行う場合を想定するとあったらよい。)

以上です。最近の自分はNikonに対して苦言しか呈していないなあと感じていたところですが、本日は珍しく誉めちぎってみました。こんなに魅力的なNikonのwebサービスですが、20GB使えるプレミアムユーザー登録できるのはNikonのカメラを持っている人のみです。当たり前と言えば当たり前ですが、月間会費などではないのでよいかもしれません。唯一残念なことに、カメラを2台もっていても容量が40GBにはなりません。1台のカメラにつき1アカウントのみです。20GBというのはクラウドサービスの初期容量として考えれば多いかもしれませんが、プロが仕事でバリバリ使う分には少々物足りないところがあります。しかも、仕事で使う人は当然持っているカメラは一台ではありません。せめてアプリ版には別アカウントへの切り替え機能がついていたらなあ、と思うところです。

–2016年6月13日追記–

ちょっと時間が経ちましたが、このサービスの大幅なアップデートがありました。web版もさらにスマートなデザインになり、共有もすぐに反映されるようになりました。また、NikonのID(?)とリンクさせることでさらに20GBの追加容量をもらえるようになり、計40GBになっています。写真共有系のアプリでは唯一無二のアプリになりつつあります。

スクリーンショット-2016-06-13-22.23.04

2016年現在のUI。これはPCからの画面ですが、先日制作した写真集を作るにあたり、家でアップした画像を外出中にiOSアプリでセレクトを行うときに重宝してくれました。

2014-09-23 | カテゴリー 写真 | タグ