違法ドローンパイロットは社会に迷惑をかけている自覚をすべき

ドローンが安く買えるようになった昨今。そしてSNSと親和性が高いドローンの映像。インスタグラム、YouTubeは違法フライトの宝庫です。以下、箇条書きで実際見た違法フライトです。良い子は下の悪例を反面教師に良識あるパイロットを目指しましょう。

  • どう考えても地上から150m以上の高度で飛んでる(空港との協議と航空局の許可があれば飛ばせるが、趣味のフライトで許可が降りるわけない)
  • 発売されたばかりのドローンを初フライト!とか言って遊んでるが30m以内に第三者や物件が映ってる。
  • 夜の高速道路ジャンクション、きれーだね(夜間飛行は許可がいる。得ていたとしてもドローンの高度の半径に第三者がいてはいけないルールが基本。)

そもそも充分な訓練もしてないのに申請書を出してる輩を見たことがあります。そいつの飛行ログは数時間程度だったのに「なんかいじってたらログが消えた」とか素敵言い訳してましたね。

いや、勝手に事故って自損なら勝手にやってろよ、って話なんですけどね。ドローンの社会的な視線を考えると、重大な事故起きたら規制強まってくし、現に数名の阿呆のせいで強まってますし。ヘリコプターあるいは飛行機にドローンを衝突させる大バカ者が出てくるのは時間の問題です。すでに小型ドローンを車にぶつけたという事例もあります(Telloみたいな小型ドローンをむやみに屋外で飛ばすなよ…)。

このままだと(すでに片足突っこんでる気がしますが)、ドローン関連の法律は道交法みたいに「法律はあるけど実際みんな守ってないよね」状態になります。マスコミがドローンでひとくくりにして模型機(200g未満)と無人航空機(200g以上)を区別しないのもよくないですよね。

メディアの影響は少なくないものもあって、例えば「ドラえもん」ではスネ夫が近所でラジコンヘリしょっちゅう飛ばしてますけど、ラジコンヘリは無人航空機にあたるので原則、許可が要ります。おそらく、あの街、DIDですよね。無許可でほいほい飛ばしていいものではありません。のび太に向けて飛ばしたり(危険な操縦)、改造したり(電波法違反)、かなりまずいので自粛すべきです。

今の法律をいろいろ考えると、ドローン(200g以上の無人航空機)は飛ばせる場所のほうが少ないので原則禁止で、例外的にこういう場所では飛ばせます、そしてそこで十分な訓練をした上で、ある程度の制限が外れます、くらいの認識でいるべきかと思います。

2018-08-10 | カテゴリー ドローン | タグ

関連コンテンツ

スポンサーリンク