みんな嬉しいNikonの一眼レフカメラ、D850とD600の比較ブログだよ

比較しようにもスペックにも発売時期にも差があるD600とD850ですが、敢えてこの2つのカメラを比べようと思ったのはひとえに僕が使ってるからというだけです。

前提

最近はこの2台を同時に使うことがあり、メインD850で広角〜標準レンズ(24-70とか24-120)、サブにD600で70-200という組み合わせが多いのです。

D600に望遠を使うのはピント合わせが理由です。一般的に、広角になればなるほどカメラのファインダー内ではピントが合ってるかどうかわかりにくいのです。なので、よりファインダーの見やすいD850が広角〜標準を担い、一方でピントの山がつかみやすい望遠レンズはD600に使っているわけです。

また、D600は2400万画素ですがら4500万画素のD850の画像サイズをLからMに落とすと2500万画素でちょうど同じくらいになるのもこの2台を同時に使う理由です。また、D600のバッテリー「EN-EL15」とD850のバッテリー「EN-EL15a」は実は互換性があり、どちらのバッテリーもどちらのカメラでも使えます。撮影現場に持参する予備バッテリーの数を減らす点で便利です。

日曜日のD600

D600には恨みつらみを色々書いた過去もあるのですが、水に流します。D610がD600の後にでたとき、ホワイトバランスの精度が上がりました、といううたい文句にムシャクシャしてたけども、D850のほうがホワイトバランスはさらにいいのでもう気にしません。今や立派なサブカメラですよ、軽いし。縦グリップつけると70-200 F4のような望遠レンズとはサイズ感がちょうどいいです。

D850、手元に届いて触って見て舐めて添い寝しての感想

D850は別次元のカメラです。上の記事で細かい点は触れてるのでここでは割愛。ほんとオススメしたい。Nikonユーザー買うべし。コスパで考えてもすごくいいですよ。

比較、というかD600のデメリット

次に、D850とD600の比較をしたいと思います。D600がD850よりもよい点としては、軽い(重いほうがいい場合もある)、価格が安い、内蔵ストロボがある、この3点です。他は全てD850が上回っています。画素数、連射速度、高感度耐性、ホワイトバランスの精度、動画、設定項目の細かさ、頑丈さ、使い勝手…諸々全てD850が上です。

そのためD600が有利な価格差はかなりあります。旧製品のため中古しか手に入りませんがD600は10万円を切ります。Nikon FX一眼レフ最初の一台としてもいいのではないでしょうか。僕もそうでした。一方のD850は35万円前後。僕が買った発売日からほとんど価格の変化がありません。品薄状態は未だ続いているとの話もありました(2018年4月現在)。

D850、手元に届いて触って見て舐めて添い寝しての感想

2台当時に使っていると、D850でカメラを構えている時、小指が届くはずのfunctionボタンの位置がD600では奥まっていて一瞬戸惑ったりですとか、D850使った直後にD600に持ち替えた瞬間、ファインダーが見辛いと感じてしまったり、とやはり使い勝手で困ることが多いです。D850は背面液晶がタッチスクリーンで、スマホの感覚で操作できるので大変便利なのですが、ついついD600でも背面液晶にタッチしてしまったりとか、そういうこともよくあります。そしてタッチスクリーンに慣れるとボタンでカチカチ操作するのがすんごい不便に思えます。カメラメーカーさんにおいては背面液晶のタッチスクリーン化をぜひ全機種で取り入れて欲しいです。

できればメインカメラとサブカメラは同じメーカーでもさらに同じ機種に統一したほうが困ることはないのでしょうが、そういうのは大手新聞社などでもなければなかなか難しいことです。D600が最終的に仕上げる写真に不満があるわけでもないので、D600を今すぐ使わなくなるということもないです。

敢えてこの2機種で迷っている人も滅多にいないでしょうけども、万が一そういう人がいればよい比較になると思います。D600はとにかく予算を抑えたい人、予算が許せばD850を買おうぜ、それだけです。それと、僕はNikon Dfも好きで使っていますが、これら2台を使いながら比較するとやっぱりDfは特殊だなぁと思います。それはそのうち、また機会があれば書くことにします。

スポンサーリンク