Air Plane

DSCN4933

一年弱ぶりに飛行機に乗りました。飛行機からの眺めは高所というだけで特別ですね。そうでなくとも、僕は乗り物の車窓から写真を撮ることは好きなのです。未だに都内の電車からも撮るので田舎者のようです。ただ、電車、飛行機から写真を撮るときのデジカメは一眼レフが向いてますね。今回は機材の関係でコンデジだったのですが、飛行機ならまだしも、電車ではレリーズタイムラグが大きくて勘に頼ることになってしまいます。この瞬間、と思って切ったシャッターが電車だと致命的に遅れます。

今回の往路では東京は曇り時々雨。雲が低く、濡れた滑走路もまた情緒があり、先に飛び立った飛行機が雲の中へ吸い込まれて行く様はとても美しいものでした。離陸時はデジタルカメラは使えません。離着陸時、電子機器は電源オフにしなければいけないからです。Rollei 35あたりのフィルムカメラを持ってくるべきだった、と己の見通しを甘く感じました。同じ過ちは繰り返さない。人生は失敗を糧に前に進むのだ、そう思った僕は帰りの飛行機の離着陸用に空港で「写るんです」を買いました。久しぶりに使うこのカメラ、なかなかいいカメラだと僕は評価しているのですが、それはまた今度書きましょう。準備万端と復路の飛行機に乗り込んだ僕ですが、なんと席が窓際でなかったのです、というのが今回のオチです。

2013-06-17 | カテゴリー 写真 | タグ