先週末、東京の6時から7時にて

Tokyo Designers Week行ってきました。もう何度も行ってますが、毎年面白いものありますね。デザイン畑から離れて見てみると、また色々とわかってくるものが…というか、アートテイストが入ってません?てのが感想。建築模型は面白かったのですが、見にくかったのです。全体的なテイストがもうちとマニアックでいいですぜ、と思う。メジャーイベントになりましたよね。学生時代はバカみたいに全てを見なきゃいけない、と思ってたのですが、必死さがなくなったようです。つまらそうなコンテナは入らずに通り過ぎるようになってました。入ってみても、なにこのレーザービーム、てハズレがあったりして(特定のコンテナを中傷してるのではないです)。しかし、期間短いですね。もう一週くらいしてくれてもいいのに。

その足でルイヴィトン表参道で開催されてるエルネスト・ネトの「Madness is part of Life」に行きました。これがとても楽しかった。こっちのほうが楽しめた。また行きたいくらいですよ。訪れた日は快晴だったので次は雨天がいい。
ふらふらと宙づりされた細長い通路を進み、たどり着いた先はぽかんとした空間。長く留まりたい空間です。その不安定な通路は人体における腸のよう。最後がまた行き止まりで終わるのもいい。出口があったらつまらなかったと思うのです。神社に参拝に出るような身体体験のようにも感じられます。そうやって様々な感覚や思いを引き起こすのは総じてすばらしい作品。聞いた話では40人は同時に入れる耐久性らしいのですが、空間体験をしてもらうために敢えて同時入場を8人に制限しているとのことでした。脱ぎやすいクツ、恥ずかしくない靴下で出かけるのを激しく推奨します。

もっとも、ルイヴィトンのフラグシップとも言える表参道店にみすぼらしい格好で出かける人もいないと思うので杞憂でしょうが。せっかくなのでその名建築とともに堪能しましょう。

2012-11-10 | カテゴリー 日記 | タグ