ネコでなくとも我慢する

最近、水族館行くのと動物園行くのが重なって僕の中で動物大期間でした。その昔、ペンギンが好きだった頃(今も好きですが)、家で飼えるペンギンはないものか、とインターネットの海を調べたのですが、どうもペンギンは庶民が飼えるようなものではないらしい。鳴き声、エサ代、水槽、臭い、などが原因だそうです。今はペンギンの代わりにイモリがいますが、イモリもたまに鳴きます。主に不幸が重なった時に鳴いてるので本当は泣いているのかもしれません。飼い主としては普段聞かない鳴き声を聞いていいことあるかも、なんてむしろ思ってるくらいなのですが。親の心子知らず、この場合は逆です。あとイモリがアクビをするのもなかなかレアで、たまに遭遇すると脱力します。
それはそうと、オーストラリアの一部には野良猫ならぬ野良ペンギンがいるそうです。移住を考えましたが、そこまでゾッコンでもないなぁ、と思い、止めたのでした。

2013-03-11 | カテゴリー 日記 | タグ