Naefこそおもちゃのスタメン

naef

NAEF(ネフ)というスイスのおもちゃ会社があります。その木のおもちゃはデザイン性がよいので有名ですが、特に積み木は大人が買っても楽しめる、インテリア性も高いおしゃれグッズとしてあげられます。値段もおしゃれなのでおいそれとは買えないのですが、しかし、デザイン学生時代からあこがれのブランド。娘が生まれて2週間くらいでTikiというおしゃぶりを買い与えました。父親としての僕からの初めてのプレゼントです。なぜなら彼女もまた特別な存在云々。

このデザインが優れているのは、おしゃぶりにもなるし、振れば音もなるのでガラガラとしても遊べる所です。色も赤、青、緑とRGBの光の三原色。塗装は子どもが舐めても無害なものですし、角ばった所がないので安全安心。全体的に丸みを帯び、手になじむ、美しい曲線を描いたフォルムは専門学校時代のハンドスカルプチャーを彷彿とさせます。

しかし、生まれて2週間で買い与えたのは早すぎたのか、全く興味を持ってくれませんでした。僕はショックでした。生まれて初めてのプレゼントが……決して高い買い物をしてそれが失敗したということではありません。

naef tiki

だから、初めてTikiを手にとってくれた日のことは未だに覚えています。写真にも撮りました。その日、ああ、これまでは握力が足りなかったのか、と気づかされました。それからというもの、このTikiが娘の一番のおもちゃです。泣いているときでさえもこれをあげるととりあえず掴みます。その後、泣きながらしゃぶります。他にもおもちゃは増えましたが、なんだかんだでこれが一番のようです。子どもながらに美しいものを直感でわかってくれているのであればいいなあ、と思います。

このTikiに限らず、他にもネフの子ども用のおしゃぶりはたくさんラインナップされています。きっとどれを買い与えても娘は喜んでくれるでしょう。しかし、あえてこのひとつを大事にしてほしいなあとも思います。決して他のネフのおしゃぶりの価格もまたおしゃれだからではありません。

_DSC6744

2015-10-27 | カテゴリー 日記 | タグ