おれの物はお前のもの、お前のものもおれのもの

今日、数年ぶりにヤフーのプレミアム会員になりました。まぁ、ネットオークションやろうか、ってことなんですが、他にもいろんな恩恵が受けられます。一番気になってこれから使おうか、というのがYahooボックス。50GBまで使えます。昔はこのサービスなかったのですが、時代の流れでしょうか。
Dropbox以降だと思うのですが、オンラインストレージがすごい。いろいろと無料でチャレンジして現在僕のDropboxの容量は約7GB。昔は十分多いように思えたのですが、今では少ない方ですね。今のとこ、僕がアカウントを持っているのはDropboxの他に前述のとおり手に入れたYahooボックス(これだけ有料か)、Sky Driveが25GB、Google Driveが5GB、勢いに乗ってさっき手に入れたN ドライブで30GB、合計で100GB超えました。個人がこんなにオンラインで何するのか、という話です。サービスとして、スマートフォン用のアプリはどこも用意していますね。PCのローカルにフォルダを作成し、自動的にファイルを同期することも可能です。
僕の場合は効率的ではありませんが、ファイルのバックアップに使用しています。一番昔から使っているDropboxは流動的に現在進行中の作業のバックアップ。ただ、容量が少ないため、今月は既にローカルフォルダが容量の上限を超えています。Sky Driveに過去の写真を貯めていましたが、すぐに25GBがいっぱいになったので、別の用途に変えています。Google Driveは他のPCと繋げてファイルを同期させているのに使っています。それらは複数アカウントを持てば理論上、容量は無限になるのですが、今度はアカウント管理が面倒ですね。ただでさえ、アカウントがSNSのアカウントと紐付けられたりしてこれまで以上にアカウント管理に混乱をきたしているというのに。
ファイルのバックアップとして使うことになれば、外出中でも人に作品を見せることが可能です。ただ、バックアップとして最大のサイズで保存しているため、スマートフォン程度の回線だと遅さを感じます。一方、スマートフォンの画面サイズに合わせるとバックアップとしては使えない。このあたりが難しいとこです。単にバックアップだけならzipなどに圧縮してからのほうが容量的には得ですしね。万が一の流出を恐れるなら暗号をかけたりもするといいですね。
個人的には流出や、各社のプライバシーポリシーよりもどこにもあるサービス「共有」 のほうが怖かったりします。最近流行りですね、「共有」。オンラインストレージなら他人と共有して作業をするのによさそうです、仕事でなら。さっき自分の「共有」フォルダを覗いところ、バックアップ目的で使っていたから何も入ってないはずなのに写真が入っていて驚きました。すぐにその写真が僕がアップしたものでないと気づきましたが。他の人が共有相手に僕を選択してるとそこからファイルを見られるのですね、共有を始めたのが一体いつのことなのか、僕には何の通知もありませんでした。さらに怖かったのが共有相手に僕の知らない人の名前があったこと。逆に言えばその人からも僕が見えているんですね。最近はSNSもそうです。知り合いの知り合いの知り合いの写真だって流れ流れて僕のところにたどり着く。その人の知らないところで僕のものにもなってしまうのです。
「共有」てのが流行りだしてから僕はそれじゃあ一体著作権は誰のものだろう、なんて思ってました。そんなこと当の本人は考えもしないのだし、著作権は相変わらず著作権として作成者にあるはずなのですが。しかし、そんなことが無意味なくらい他人が著作者とほとんど変わらぬ権利を持っているのではないかと感じるのです。数年前に僕が人にあげた写真が許可なくSNSに上げられていたこともありました。僕はそのときはちょっと引っかかりつつも、まぁいいか、くらいだったのですが、全ての場合でまぁいいか、で済む問題でもないですね。ネットに上げた時点で、デジタルデーターを他人に委ねた時点である程度は諦めなければいけないのかもしれないです。それは、写真を撮られたり、スマートフォンで動画を撮られたりと、一旦撮影されたらもう諦めなければいけないのか、ということとほぼ同義とも言えますが、そのことについてはまた今度書きます(むしろもっと前から書いていたのですが、まとまりきらなくて下書きのままです)。
「共有」の時代かもしれません、たしかに。何かを作り出すことを一人で行う必要はないのです、これまで個人作業と言われていた分野においても。ただ、「共有」の目的が共有されていないとそれは何の意味もなさないどころか、害にすらなるんじゃないのかと思うのです。オンラインストレージも、便利だから使ってますが、本当は多くの人にとって必要ないものなのかもしれません。

珍しく文字ばかりでここまできたので写真一枚貼って締めたいと思います。いい夢見ろよ。いい夢見たら共有してね☆

ところで、個人でも相当量があると思うオンラインストレージですが、それが保存されているのはやはりどこかのサーバーになるわけです。そんな大容量のストレージのある場所を考えるとついついそこに隕石やミサイルが落ちてきたら、大地震が直撃したら、なんて想像せずにいられませんね。

2012-11-07 | カテゴリー コンピュータ | タグ