プリンターをちょいと使って感想

前回、プリンターを買ったことを書きましたが、今日は数日使ってみての感想です。というか、べた褒めです。だいたい抜群によいカメラとか、抜群によいインテリア、抜群によい何かを買ったときはライフスタイルが変わるくらいのインパクトを与えられるものです。思い当たるふしもあることでしょうし、僕もこれまでたくさんあります。人生、よい買い物をしたいものですね、○○○カード。

今回のプリンターもまさにそんな感じ。印刷するのが楽しくて仕方ないです。特に、今日はトレーシングペーパーに印刷をしてみたのですが、これが思った以上にキレイに出て快感なのです。思い切ってよいプリンターを買ってよかったと思いましたよ。数日前に竹尾で紙を注文してあるのでそれに印刷するのも楽しみなのです。色やトーンの設定を追い込んで微調整していくのもまた楽しいのですよ。インクが大容量なのであまり減ったことに気づかないことも好感!大容量の分、高額であるインクに後々痛い出費をして後悔してしまうまでが印刷です。

ここで僕が楽しんだ印刷は6月の展示でお披露目です。インスタレーションの他、2冊の本を展示します。本は受注販売で買うことができます。豪華版とデラックス版の2種類ありますのでぜひお手に取ってくらべていただきたいと思います。最後に宣伝を兼ねましてボツカットからまた一枚。ボツカットとはいえ、本の流れ的に合わないと外されたカットもありますから、そういう写真でもなるべく人目についてほしいなとアップする限りですし、もしかしたら気分が変わって使うかもしれません。写真セレクトは本当に難しいです。

_DSC2821

2013-05-20 | カテゴリー コンピュータ | タグ