二日目のD600

D600で撮影した写真。やはりDXに比べて画面全体に空気感が漂ってますし、ダイナミックレンジが広いのでシャドウ部もつぶれきらずにしっかり描写しているのが分かりますね。色ノリがしっかりときれいなところはさすが最新機種だと思えます。

一方、DX機で撮ったもの。撮影状況は全く違いますし、描写もコンパクトデジタルカメラに比べたら全然よいのですが、やはりFXの後では物足りなさを感じます。縮小しているとは言え、上の2枚の写真が違うのは明らかです。引き伸ばしをするまでもなく、パッと見ただけでもわかりますよね。ちなみにレンズはどちらも同じです。
こうしてまとめてみるとD600を一度手にしたからはDX機にはもう戻れませんね。圧倒的な説得力があります。DX機にこれまで望遠以外のレンズをつけていたのが損をしたような気になるくらいです。

あ、写真上下逆でした。正しくは上がDX機で下がD600です。お詫びして訂正します。

2012-09-27 | カテゴリー カメラ | タグ